簡単!冷凍フルーツで濃厚ジュース

最近はさまざまな冷凍フルーツがいつでも手に入って便利ですね。今回はその冷凍フルーツを使った濃縮ジュースをご紹介します。お子様向けに酢の分量は控えめです。手作りの良さは、甘さや酸味を好みに合わせられることですね。完成したら、おいしい水で薄めていただきます。旬の生果物で作る時は、きれいに洗ってビニール袋に入れ、冷凍庫で凍らせてから、保存ビンに果物と砂糖、酢を入れてお作りください。

料理研究家 黒田 民子 (くろだたみこ)

旬の家庭料理や、保存食を手作りする楽しさを紹介。著書に『やさしい保存食と自家製レシピ』(主婦の友社) 他。週刊朝日でレシピ記事連載中。

材料

  • 冷凍ブルーベリー 100g
  • グラニュー糖 50g
  • 酢 大さじ3
  • 冷凍アップルマンゴー 100g
  • グラニュー糖 40g
  • 酢 大さじ3

作り方

  1. 煮沸消毒した保存ビンに、冷凍のままフルーツを入れます。上からグラニュー糖、酢を加えます。蓋をしっかり締めてビンを上下に振り、フルーツに砂糖をよく絡めます。
  2. 常温で日の当たらない場所に置き、時々ビンを上下に振って砂糖を溶かします。翌日には果汁と砂糖が溶けだしますが、まだ底に砂糖が残っています。3日目から飲み頃に。果実と一緒にグラスに入れ、水でお好みの甘さに薄めてお飲みください。名前と日付をラベルに書き、ビンに貼って冷蔵庫で保存します。(賞味期限は約1週間) 

ワンポイント

保存ビンは細長く容量に余裕があると、混ぜやすいです。酢の分量が少なめ、砂糖が多めなのでお好みで調整してください。果実は取り出してジャムにするのもおすすめです。